住宅 ローン人気の比較ランキングで定番の商品は、銀行住宅ローンなどの住宅担保ローンの人気が高くなっています。

ビジネスマンにとって、オンラインのお申し込みが大変重宝のようです。

低金利、固定金利の住宅融資審査基準、減税控除アドバイザー、評判の良い住宅 ローン借り換え金利計算・シュミレーションの推移予想と動向など住宅ローン情報は、各サイトに満載です

初めての住宅ローンでも、評判の良い住宅融資なら安心です!

金利や融資条件をまとめ、初心者でも低金利を比較できる情報がすぐに役に立ちます。

アルバイトで住宅ローンを借りれるか?

個人事業主や商店の方も安心して住宅購入できる貴重な融資情報もあります。

お借入れは、返済計画がもっとも大切です。日本ではアメリカのサブプライムローンのような安易な住宅ローン融資はありません。

それでも返済困難ならないように、低金利で融資限度額の高い融資にまとめる、借り換えや繰上げ返済などで、返済額を抑える、低金利大口融資に一本化する、などで返済額を減らす対策が必要です。

 長期固定金利のように低金利で住宅ローンを借りることが長期間のゆとり維持のコツでしょう。

住宅ローンの関係

ローン→銀行などの金融機関が、お金を貸す融資こと。

キャッシングは、個人が短期で小額借りる場合。

ローンは比較的長期の融資となります。

担保があれば金利(利息)は低く、無担保は高くなります。

担保があれば長期返済型住宅融資が圧倒的に有利。

無担保でも使用目的限定ローンなどは、比較的低金利です。

短期フリーキャッシングの金利は、一般的に高くなります。

住宅・教育・マイカーのお借入れなどは、使途限定融資が有利です。

ATM利用の使途自由キャッシングは、レジャー資金など短期返済利用に最適です。

ポイントは、十分な返済計画のもとに、目的にかなった低金利融資を受けることです。

住宅は、担保価値あり。イザというときに担保評価額の高い物件を購入することが大切でしょう。

住宅担保の住宅担保ローンとして、低金利借り入れが可能です。

無担保のカードローンよりはるかに有利!

住宅リフォームは、住宅の評価額を増加させる!

借金は審査が厳しくても金利の低いところが優先!

金融取引に失敗して、消費者金融とクレジットカードのカードローンから借金をしました。カードローンはカードの申し込みをした時点で、借入金の限度額が決められます。

したがって改めて審査などはありません。

消費者金融は無人の店舗で審査ができ借り入れができました。

いずれも審査は銀行のように厳密ではありません。

そのかわり金利は年利約18%というとんでもない高い数字です。

多額の借り入れをしていたらとても割に合いません。

そうしたところに、住宅ローンを借りている銀行から用途自由ローンのダイレクトメールが届きました。

銀行で住宅ローンを利用している人限定のローンで、借入金のまとめなどにも利用できると書いてありました。

早速申し込んで、手続きをしました。

まず仮審査の書類を提出し、それでOKが出ると本審査です。

本審査は銀行にいって、所得証明などの書類を提出します。

やっとのことで審査がおりました。

しかしこれまで借り入れしていた借入金を返済した証明書を提出しなければなりません。

カードローン会社に連絡して、カードローンの残高と一括返済をする 銀行口座を聞き、銀行から借り入れしたお金をその口座に振り込み、ローン 残高ゼロの証明書を発行してもらうのです。

この間の手続きは大変でした。

しかしやはり審査や手続きは大変でも、借金は金利の低いところからするべきです。

住宅ローンで金利優遇を受けた体験ところが優先!

結婚して家を建てようとしているとき、ちょうど仕事を辞めようと思っていました。

結婚してでも、銀行で住宅ローンを借りるための審査は以前より厳しくて、住宅ローンを実行する時点では共に働いていて共働きしていることにしておいた方が、審査に有利のようです。

共働きをしているからという理由で、金利の優遇も受けられました。

住宅ローンを実行してから数ヶ月して私は仕事を辞めましたが、特にそれに関しては問題ありません。

決められた金額の返済をしていれば、文句を言われることはありません。

家を建てて住宅ローンを借りるときに、仕事を辞めようと思っている奥さんは、しばらく辛抱して働いていた方が良いです。

長期ローンですので、金利の優遇が受けられるのはありがたいことです。

不動産で借りるには今がチャンスかもしれません!

一度住宅ローンの見直しを

住宅ローンについては、多くの方が頭を悩ませていることだと思います。

何しろ借りる額が大きい為に金利の状況で、総支払額が大きく上下します。支払い残高に対して利息が決まるので、特にローンを組んで年数が浅い方は今のうちに十分に考える必要があります。

来年4月から消費税も8%に上がるので、それに合わせて金利も変動するかもしれません。そのあたりも踏まえながら、どのような計画を立てたらようのか検討してみる価値は十分あります。

まずは固定金利と変動金利の2種類から選択します。

変動金利の方が金利が低いのが特徴です。デメリットとしては、金利が上がった場合に、それに合わせて支払額も増えていってしまします。

低金利が長く続く場合には、変動金利がよいと言えるでしょう。ただ、金利の変動はいつ上がったり下がったりするか誰にも分かりませんし、その幅も分かりません。そういうリスクもあるということを頭に入れておいて下さい。

固定金利に関しては一定期間金利が固定され、その期間は金利の上下があっても契約時の金利での支払いになります。

期間は3年、5年、10年、20年、35年と様々です。期間が長くなるほど金利が高くなっていきます。

まだある程度先は金利の上昇がないだろうと判断する場合は、3年固定がよいと思います。

これから金利が上がりそうだという局面では、比較的長い期間での固定がよいでしょう。金利が上がる前の、低金利で長い期間固定にできれば安心できます。

今年に入ってからアベノミクスの影響で金利の上昇が示唆されました。

その影響で固定金利に切り替える人も増えたようです。10年固定というのが最も人気商品で各銀行とも、熾烈な争いとなっています。

まだ支払い残高が多く残っている方は一度、他の銀行にも借り換え検討をしてみるとよいかもしれません。

一度住宅ローンの見直しを

住宅取得は消費税増税よりも住宅ローン金利に注目したい

住宅ローンの固定金利型や固定期間選択型などの金利は長期金利の動向によって決まってきます。長期金利が上がれば住宅ローンの金利も上がります。それに対して変動金利型は短期金利に連動します。大部分の金融機関では、変動金利型の金利を「短期プライムレート+1%」の水準に設定しています。 

民間機関と住宅支援機構が提携しているフラット35は、最長35年間金利が変わらない全期間固定金利型です。最も金利が低い住宅ローンとして人気のある商品です。フラット35は長期金利の影響を受け新規貸出金利は毎月のように変動しますから注意が必要です。 

住宅ローン金利の上昇は、購入後のローン返済に大きな影響が出るので注意しましょう。2012年に首都圏で注文住宅を建てた人の平均建築費は3261万円でした。例えばフラット35を利用して3000万円を借りたとします。分かりやすいように毎月返済とします。今年4月の金利は1.8%で、毎月返済額は96,327円。7月の金利は2.05%で、毎月返済額は100,150円。この差額は年間で46,000円、35年間では161万円にもなります。0.25%の金利差でも大きな差が出てきます。長期金利の動向をよく研究して購入することが大切です。消費税の動向に惑わされることなく、長期金利の動向に注意しましょう。 

中長期的には金利が上昇すると見込まれます。変動金利型は借り入れ後に金利が一定以上上昇する5年後に返済額が最大25%増える可能性があります。

固定期間選択型は、固定期間終了後の金利次第で返済額が大きく増える場合もあります。

これは債務者にとって大きなリスクであると言えます。

今日の局面では全期間固定金利型で借り入れがリスク回避につながると考えます。もう一点大事なことは、適用される金利は申込時の金利ではなくて、融資が実行される日の金利です。

kuruso これからの住宅ローンは固定金利型が安心です

住宅ローン金利は史上最低水準にあります。金利の低いうちに、安心な資金計画を立てマイホームを取得しましょう。マイホームの資金計画はとても大事なものです。業者の言うままに任せてはいけません。どんな場所がいいか、どんな建物がいいか、どんな間取りがいいかなどと同じレベルで検討しなければなりません。借入額3千万円、金利2%、35年返済ですと総返済額は4174万円になります。 

このように沢山返済しなければなりませんから、住宅ローンについて事前に知識を得ておくことが大切です。

一番のポイントは金利でしょう。

変動金利型ローンであれば条件が合えば1%程度で借り入れすることもできます。全期間の固定金利ローンは1%台後半から2%前半で借り入れすることが出来ます。以前のことを思えば今は本当に借りやすい、借り時であると考えられます。 

ここで金利の高低差の影響を見てみます。

平均的な借入額3千万円、期間35年、毎月返済で計算しました。

金利1%の年間返済額102万円、総返済額3557万円。金利2%の同119万円、同4174万円。

金利3%の同139万円、同4849万円

1%の金利差が35年間には6百〜7百万円になります。低いほど生活にゆとりが生まれます。折角のマイホームを取得しても家計が火の車では面白くありません。

  自己資金を用意して年収に占める年間のローンの返済比率を25%以下に抑えるようにしましょう。

本当は20%未満が好ましいと言われます。金利が低いほど家計の負担は軽くなり、年収の低い人でも余裕を持って住宅を取得できます。

しかし金利が低いといって変動金利型で借りるのもリスクが高い。いつまでもこの低い金利が続くとは考えられない。

余裕のない借り方をすると返済が出来なくなることがあります。固定金利型はその点安心です。やや金利は高いが期間中変動はありません。統計では半分の人が変動金利を利用しています。金利上昇時の対応が上手くゆくかどうか心配です。

★住宅ローン返済は時系列で書こう

僕は以前とある上場企業の不動産部門で働いていたサラリーマンでした。現在はアパートを3棟ほど管理して経営する、自営業者です。 以前の仕事柄マンションを扱う事が多く、当然に販売の際には住宅ローンを組む方が多かったです。 住宅ローンは人生の最大の買い物と私達の業界では皮肉気味に言ったりもします。それだけ大きなお金が動くのですが、担当者に一任する傾向が後を絶ちません。事業用やいずれは転売を考えているお客様でしたら、低金利の3年固定や5年固定を勧めますが、自分が住む為のローンなら、固定金利をずっと進めてました。理由は35年のローン固定金利でも、現在はとても低い金利だからです。 とは言え、ずっと返済が残るのは嫌であり、少しでも返済額を減らしたいのが普通です。 僕はよくお客様に返済計画書を作成しました。それは家族ごとに違いますので、簡単には作れないのですが、自分自身の家族の流れをつかんでいる方なら、自分のローン計画については書けると思います。まずは家族分の名前の欄を書き、向こう10年で訪れるであろうイベント書きます。 ご主人は車を買うとか、奥さんなら旅行に出る。子供なら小学校入学とか高校受験とか。わりとお金がかかる時期を推定する事で焦らずに行動が出来ます。また収入と支払を見直します。これをする事で自分自身を冷静に見つめる事が出来ます。貯金があったとしても繰り上げるよりも、次に使う事に備える事が大事です。住宅の金利は他の金利と比べて極めて低いので、金銭的に大きいのでびっくりしますが、車をローンで買って、受託の支払いは繰り上げるといったバカな事があったりして唖然とするときもあります。(ちなみに車は低金利でも3%とかが普通ですので) また、税金や固定資産税等の増加分を考えると、すぐに支払うより10年後から繰り上げをスタートさせたほうが実務上も有効であるケースが多いです。いずれにしても時系列をしっかりと予測して作る事で、あせらずに今はこういう時だからと冷静になれます。 また、住まいについて20年後とかに転売とかを考える時に目安にもなります。どんな事でも計画があれば、ある程度安心して行動が出来るのではと、経験上からも思います。

住宅ローンを組むときに使える生命保険

私達は、住宅ローンを組む際には必ず生命保険に加入します。これは団体信用生命保険と言われ、

契約者が万が一死亡した際にローン残額にあたる金額が支払われ一括返済できる仕組みになっています。

たいていは銀行でローンを組む際に金利の中に組み込まれているので、中には保険に加入している事すら

知らない方がいるのではないでしょうか。

一方、根強く人気のある35年超長期固定金利のフラット35で住宅ローンを組む際には、

実は 団体信用生命保険は別に契約しなければなりません。

金額は3000万円の住宅ローンを組むと

大体月々10000円の支払いになります。

住宅ローンの毎月返済額+生命保険料を合わせると

思っていた以上に高く、計画通りにいかなかったと嘆くこともあるのではないでしょうか。

しかし、30歳前後の若く、喫煙をしない健康な方限定ですが、民間の生命保険で住宅ローン

相当額を保証した方が安くおさまるのです。

それは、家族収入保障保険といい逓減型の生命保険です。

年数がたつにつれ保険金額が右下がりになりますが、その分保険料の安い定期保険です。

この仕組みは、団体信用生命保険と同じ仕組みです。

3000万円の保険金額で30歳、喫煙をしない男性の月々の金額は約3000円。

先にご説明した団体信用生命保険よりかなり割安であることがわかります。

団体信用生命保険は、借入額の減少とともに保険料も安くなっていく利点があるので、

35歳くらいを境にお得感は無くなっていきます。

むしろ不健康で40歳を超える男性にとっては団体信用生命保険しか加入はできません。

このように民間保険もある条件をクリアすれば、有利に働くことがあります。

賢く使って、少しでも住宅ローンの負担を減らしたいものですね。

ページの先頭へ